文字のサイズ 文字のサイズ:拡大文字のサイズ:縮小文字のサイズ:標準
ここから本文です

ミニ情報通信

平成29年度第1回常務理事会(ブロック長会議)が開催されました。

 去る11月2日(木)午後1時30分から、東京銀座の中小企業会館において、標記会議が開催されました。
 当日は、最初に栗原会長から開会のあいさつがあった後、加藤副会長の進行により、今年度厚生労働省から新たに受託した事業の実施状況と全重協の財政状況といったテーマについて、各ブロックの状況も踏まえながら活発な意見交換が行われました。
 このうち、新たな受託事業の実施状況については、全国7か所に設置した相談コーナーの相談実績や今後開催予定のセミナーの準備状況等を踏まえて、最終的な数値目標の達成と事業の成功に向けて各ブロックを挙げて取り組むことが再度確認されました。

 また、全重協の財政状況については、ここ数年大幅な赤字が続いている中で、今後は会費の値上げもやむを得ないということで、各ブロックの会員の皆様のご理解をいただいた上で、最終的に来年の理事会及び総会で結論を出すことになりました。